てらす珈琲 terasu coffee
てらす珈琲 terasu coffee
てらす珈琲 terasu coffee
てらす珈琲 terasu coffee
【季節限定】秋ブレンド - Fullcity Roast - (200g)

【季節限定】秋ブレンド - Fullcity Roast - (200g)

¥ 1,560

【季節限定】秋ブレンドが発売となりました。

ほどよいロースト香と、ほっこり苦く穏やかに消えていく余韻。
お芋やかぼちゃのスイーツ、栗などを使った秋のスイーツにとてもよく合う味わいです。

スイートポテトなどのほくほくした食感と穀物系の甘みとはとても相性が良いです。
特にモンブランの栗の風味に合い、やや控えめくらいの甘みのものであればより相性が良いように思います。秋の味覚と秋のブレンド、秋ならではの相性をご堪能ください。

ケニア ンドゥマ・ファクトリー AA - Midium Roast - (200g)

ケニア ンドゥマ・ファクトリー AA - Midium Roast - (200g)

¥ 1,760

主にカモミール、やや蜜柑の皮のような香り。
蜜柑などの柑橘系の甘みのある緻密な酸味がよく表れており、ジューシーでありコクと甘みも特に感じ取ることができる。

◇◇◇ 産地情報 Farmer's Information ◇◇◇

ニエリ県はコーヒー産地としてはケニアの中でも特に有名なエリアです。
近隣にケニア山を囲むキリニャガ県、エンブ県など、火山灰土壌により生み出される良質の銘柄を生み出す地域が多数あります。

ケニアのお豆というと濃いベリー系、トマトなどの香味特徴を思い浮かべる方も多いかと思います。

今回のンドゥマ・ファクトリーの銘柄に関しては、カモミールや少し柑橘の皮を思わせる香りがハーブティーを連想させます。(周辺の生産地ではもう少し濃い印象の香り、風味が出る銘柄も多いですね。)
味わいとしては蜜柑などの甘みのあるとてもジューシーな酸味がかなり特徴的に表れており、これもケニアの『良さ』が出ている銘柄と言えるでしょう。


生産国 : ケニア
地 域 : 中欧州 ニエリ県 ムクルウェイニ地区 ルカサ
生産者 : ルカサ生産者組合 ンドゥマ水洗工場周辺の農家
組合員 : 約 600名
収穫期 : メインクロップ 10月~2月、サブクロップ 4月~5月
標 高 : 1,650 〜 1,850m
品 種 : SL28, SL34
精製方法: ウォッシュド

ニカラグア リモンシージョ農園 パカマラ種 Natural - High Roast - (200g)

ニカラグア リモンシージョ農園 パカマラ種 Natural - High Roast - (200g)

¥ 1,800

「リモンシリョ農園 パカマラ種 デリケートナチュラル製法」
シダやほのかにライチのような香りがあり、ハーブを思わせる風味と、シルキーな口当たり。

標高850~1,150mという低い標高ながらもはっきりとしたテロワールが表現されている点は、気候という人の手が加えられない部分の影響も大いにありますが、それ以外にも農園の方々の「人」の手による収穫から乾燥等、その精製工程もまた大きい影響を与えるということがとても伝わってくる銘柄です。

届いたお豆はとても綺麗でした。乾燥ムラによる色合いの違いもほとんどなく、サイズも揃っており、焙煎後の色つやを見てもそれが丁寧な作業により生まれたお豆なのだと、それだけでも、遠く離れた日本のこの小さなコーヒー店には伝わってきています。素晴らしい銘柄に出会えてとても嬉しく思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
・日本庭園を思わすリモンシージョ農園
今やプライベートオークションが行われるほど世界中でその品質が認められているエルウィン・ミエリッヒ氏の農園。現在は、ホンジュラスにも農園を構え、国内には8つの農園を所有しています。また、マダガルパにドン・エステバン・ドライミルを所有、COEのヘッドジャッジの経験も持つエルウィン氏。名実ともにニカラグアを代表するスペシャルティコーヒーを生み出している人物です。

 リモンシージョ農園は、熱帯雨林を髣髴とさせる山奥の山林に位置しています。美しく管理された木々や竹林、コーヒーの佇まいは、あたかも庭園のような趣き。シンボルともいえる滝からもたらされる豊富な水資源と湿度がこの農園の特徴的なテロワールである。この農園はエルウィンの父が1930年代に購入し現在のリモンシージョ農園となっている。


・ドライミルにおける こだわりの乾燥工程
収穫されたコーヒーチェリーは、農園併設もしくは付近のウェットミルにてウェットパーチメントにし、ドライミルで乾燥を行うのが一般的な流れです。ニカラグアでは、農園・農家のほとんどがウェットパーチメントまでを作り、中間業者などのドライミルで乾燥工程を行うところ、エルウィン氏は、農園の南、標高670mに位置するマダガルパにドンエステバン・ドライミルを構えています。これは、生産処理を行う上でアドバンテージともなります。
 ドンエステバン・ミルは、ニカラグアで初めてのフルトレーサビリティのドライミルで、受け入れたウェットパーチメントには、トレーサビリティカードが発行され、厳密なロット管理がされています。地面はパティオではなく、日本の黒い寒冷紗のようなシートが張られ、空気と水分が通過するようにされています。2013 年には、ビニールハウス3段アフリカンベッドを建設し、ここでスペシャルティコーヒーの乾燥を行っています。その工程は、まず2日ほど、黒いシートの上で乾燥させ、その後3段アフリカンベッドの上段で数日、その後中段(少し日陰)で数日乾燥させるという方法が採られています。
 ナチュラルについても、乾燥時のチェリーの積み方を変化させて、同じナチュラルプロセスの中でもの風味特性を変化させたりと独自のプロセスを生み出しています。


・まるでオーダーメイドのようなコーヒーを
エルウィン氏の所有する農園の特徴として1つ、バラエティの豊富さが伺えます。ジャバニカを代表とし、パカマラ、イエローパカマラ、エチオピア系ゲイシャ、中米系ゲイシャやビジャサルチ、マラゴジッペなど試験的な品種を含め様々な品種が栽培され、ハイブリット品種などにも取り組むバイオロジーな一面を持っています。
 ドンエステバンで細かくロット形成が行える強みもあり、こうした様々な品種とニカラグアで初めてのナチュラルプロセスを行った農園として培った技術が、リモンシリョウやサンホセ農園に代表されるエルウィン・ミエリッヒ氏の農園の特色です。
 また、COEのヘッドジャッジの経験によるナチュラルプロセスに代表されるトレンドに対する味作りが行われている事も同農園の特色の1つだと思います。

コロンビア エルパライソ農園 カスティージョ種 ダブルアナエロビックファーメンテイション精製 - City Roast - (100g)

SOLD OUT

コロンビア エルパライソ農園 カスティージョ種 ダブルアナエロビックファーメンテイション精製 - City Roast - (100g)

¥ 1,450

今世界で非常に注目されている『ダブルアナエロビックファーメンテーション(嫌気性発酵)』精製により作り出されたお豆の登場です。
【 注意:こちらの銘柄は100g単位での価格表記となっております 】

マンゴーや洋梨、ライチのような甘く溌溂とした香りがあり、この香りは一度嗅いだら一生忘れられない体験になると思います。
香りの印象とは違い、味わいとしては至極フラットであり、よく言えばウェルバランスとも言えます。酸味、苦み、コクともにとても平均的な印象を持ちました。

特に「コーヒーでもこのような風味を表現することができる」というコーヒーの可能性、またはコーヒーの多様性を存分に感じ取ることのできる銘柄といえるでしょう。
ただかなり特徴が強いですので、好みはハッキリ分かれる銘柄かと思います。


◇◇◇ 産地情報 Farmer's Information◇◇◇

・最大の特徴 ポストハーベストでの味づくり
収穫後のプロセスは標高1,930mに位置するEl Paraiso農園で行っています。
嫌気性発酵や乾燥方法に工夫を加え、異なる風味を作り出しています。

チェリーの状態で48時間、18度の温度下で嫌気性発酵を実施し、脱果肉後96時間、19度の温度下で再度嫌気性発酵しています。

水洗工程では、初めに40度のお湯で洗い、その後12度の水で再度洗っています。

乾燥工程では、温度35度、湿度25度の環境下で34時間乾燥させ、水分値11%にしています。

Diego Samuel Bermúdez氏は13年前にコーヒービジネスの魅力に取りつかれ、資金には乏しかったものの自己実現への熱意をもってコーヒーづくりに取り組んできました。コロンビアのアナエロビックの第一人者と呼ばれています。

今日ではポストハーベストでの味づくりを徹底的に研究し、嫌気性発酵や独特の乾燥方法を用いて新たなフレーバーを創り上げ、年々その名を世界に拡げていっております。

※2018年 コロンビアCOE ダブルアナエロビックファーメンテーションにて精選したロットで10位入賞。

生産国 :コロンビア
地 域 :カウカ県 ピエンダモ地区
生産者 :Diego Samuel Bermúdez (ディエゴ・サムエル・ベルムーデス)氏
品 種 :カスティージョ種
水分値 :10.5%
標 高 :1,700m以上
農薬検査:社外委託検査にて農薬検出されず
商品規格:EX(エクセルソ)
精選方法:ダブルアナエロビックファーメンテーション (Double anaerobic fermmentation)
収穫時期:4-6月、10-12月
クロップ:2019/20
SCAA評価:86.375点

エチオピア イルガチェフェ アリーチャ・ウォッシングステーション G1 Washed - City Roast - (200g)

エチオピア イルガチェフェ アリーチャ・ウォッシングステーション G1 Washed - City Roast - (200g)

¥ 1,560

リンゴや白い花を思わせる爽やかな香り。
ダージリンなどの紅茶のような風味があり、飲み口と余韻ともにとても優しい雰囲気を感じることができます。

◇◇◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇◇◇

アリーチャ・ウォッシングステーションでプロセシングされたイルガチャフェG1。
アリーチャの生産農家650名(平均2ヘクタール、計1300ヘクタール)のイルガチャフェのロットをブレンドして作り上げられたスペシャルロット。

現地からのカップコメント:フローラル、レモン、キャラメル、チョコレート

アリーチャ・ウォッシングステーション近隣の生産者は、ほぼ皆1ヘクタールにも満たない農地でコーヒーを栽培している零細農家である。コーヒーは換金作物で、ジャガイモ、マンゴー、アボガドなどは最低限の生計のために栽培している自給用作物である。

彼らの収入は限られているため、化学肥料、殺虫剤、除草剤を購入する余裕はなく、100%オーガニックと言える。輸出業者であるBNT社は、少しでもいいチェリーを買い上げるために、チェリー価格にインセンティブを乗せている。集められたチェリーはウェットミルで選別され、精製されて仕上げられる。

エチオピアの品種は、在来種といわれ、明確な品種特定はされていないが、どうやらふたつのグループに分けられるようである。ひとつは南部の栽培品種、もうひとつはジンマの農業試験場で1974年に研究栽培されたゲデオ地区の品種という。

◆SPEC
生産国 : エチオピア
地 域 : 南部諸民族州ゲデオゾーン アリーチャ
生産者 : アリーチャ・ウォッシングステーション
クロップ: 2019/2020
規 格 : G-1 スぺシャル・プレパレーション
欠点規格: 0-3/300g
スクリーン: スクリーン14アップ
木の品種: イルガチェフェ在来種
年間降雨量:1,800~2,000mm
標 高 : 1,900~2,000m
その他 : 生産農家650名、赤褐色土壌
精製方法: フルウォッシュド
開花時期: 2019年1-2月
収穫時期: 2019年10月-2020年1月
船積時期: 2020年5月
保管方法: 定温倉庫
ロットナンバー: 010/0343/0073

エチオピア イルガチェフェ MHAステーション G1 ナチュラル City Roast (200g)

エチオピア イルガチェフェ MHAステーション G1 ナチュラル City Roast (200g)

¥ 1,680

ブルーベリーや干しぶどうのようなフルーティーで甘みのある風味が特徴。

穏やかな優しい酸味があり、ふくよかな口当たりが全体的に柔らかい印象を与えます。

特に冷めてからの香味・風味の変化もおもしろく、あらゆる温度帯で違った楽しみ方ができる店頭でも大人気の銘柄。

◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇

生産国:エチオピア
地域:南部諸民族州ゲデオゾーン、ウェレダ(イルガチェフェ南西部)、ケベレ
生産者:モハメッド・フセイン・アダミ・ウォッシングステーション
クロップ:2018/2019
規格:G-1 スぺシャル・プレパレーション
欠点規格:0-3/300g
スクリーン:スクリーン14アップ
木の品種:イルガチェフェ在来種
標高:1,700~1,800メートル
その他:アフリカンベッドで15~20日間天日乾燥
精製方法:ナチュラル
保管方法:定温倉庫
ロットナンバー:010/0427/0019

エチオピア イルガチェフェ アリーチャ・ウォッシングステーション G1 ウォッシュド - FullCity Roast - (200g)

エチオピア イルガチェフェ アリーチャ・ウォッシングステーション G1 ウォッシュド - FullCity Roast - (200g)

¥ 1,560

深煎りながらも明るい香りと、キャラメルやブラウンシュガーを思わせる甘い風味があります。
飲み口はコクのある苦みがありながらも甘みが余韻として残ります。

いろいろな種類のスイーツに合わせやすく、特にチョコレート系のケーキ、キャラメル系、脂質の濃厚なスイーツには特によく合いますので、いろいろなペアリングをお楽しみ頂けます。


◇◇◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇◇◇

アリーチャ・ウォッシングステーションでプロセシングされたイルガチャフェG1。
アリーチャの生産農家650名(平均2ヘクタール、計1300ヘクタール)のイルガチャフェのロットをブレンドして作り上げられたスペシャルロット。

現地からのカップコメント:フローラル、レモン、キャラメル、チョコレート

アリーチャ・ウォッシングステーション近隣の生産者は、ほぼ皆1ヘクタールにも満たない農地でコーヒーを栽培している零細農家である。コーヒーは換金作物で、ジャガイモ、マンゴー、アボガドなどは最低限の生計のために栽培している自給用作物である。

彼らの収入は限られているため、化学肥料、殺虫剤、除草剤を購入する余裕はなく、100%オーガニックと言える。輸出業者であるBNT社は、少しでもいいチェリーを買い上げるために、チェリー価格にインセンティブを乗せている。集められたチェリーはウェットミルで選別され、精製されて仕上げられる。

エチオピアの品種は、在来種といわれ、明確な品種特定はされていないが、どうやらふたつのグループに分けられるようである。ひとつは南部の栽培品種、もうひとつはジンマの農業試験場で1974年に研究栽培されたゲデオ地区の品種という。


生産国 : エチオピア
地 域 : 南部諸民族州ゲデオゾーン アリーチャ
生産者 : アリーチャ・ウォッシングステーション
クロップ: 2019/2020
規 格 : G-1 スぺシャル・プレパレーション
欠点規格: 0-3/300g
スクリーン: スクリーン14アップ
木の品種: イルガチェフェ在来種
年間降雨量:1,800~2,000mm
標 高 : 1,900~2,000m
その他 : 生産農家650名、赤褐色土壌
精製方法: フルウォッシュド
開花時期: 2019年1-2月
収穫時期: 2019年10月-2020年1月
船積時期: 2020年5月
保管方法: 定温倉庫
ロットナンバー: 010/0343/0073

インドネシア マンデリン スマトラタイガー ブルーアイ 18+ - French Roast -(200g)

インドネシア マンデリン スマトラタイガー ブルーアイ 18+ - French Roast -(200g)

¥ 1,540

ヒマラヤ杉やハーブのような香り。
スッと抜けるような苦みがあり、キレのあるシャープな味わい。

香辛料のような独特の余韻を残しつつ、苦みはすっと消えていく感覚はクセになる方が多く、マンデリンの中でも特に際立った特徴が存分に感じられる逸品です。

収穫期に完熟したチェリーを同じ木から3度に渡って収穫するトリプルピックという手法により集められたマンデリン。実際店舗で扱うにはハンドピックによる選別が必須ですが、その結果表れる風味、品質は高評価を得ています。

以前取り扱っていたスマトラタイガーに使われていた品種のうち、アテンとジュンベルのみの品種で作り上げたものが、今回の「ブルーアイ」ブランド。


◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇

蒼い瞳のスマトラタイガー・ブルーアイ。ブルーアイは寝かせるとボディが増すタイプ。

リントンニフタ、ドロックサングールでバタック族が栽培しているリントンマンデリン。北スマトラ、アチェ産のマンデリンは60,000トン、リント ンは2000トンしかありません。生産者が丁寧に手摘みした完熟チェリーは、含水率36%のウェットパーチメントで脱殻され、天日乾燥されます。リントン コーヒー専門のドライミルで丁寧にハンドピックされて、仕上げられます。

1969年、当時オランダ領だった東インド諸島(インドネシア)のジャワ島に、オランダ軍の司令官がアラビカ種の苗を数本持ち運んだのが始まり。 ジャワ島西部の農園に植えられた苗木は地震と洪水によって枯れてしまったものの、3年後に再びインドから持ち込まれた苗木が無事ジャワ島の各地で根を張り、インドネシアのコーヒーの先祖となった。たった数本の苗木からはじまったコーヒー栽培でしたが、今日ではインドネシアは世界第4位の生産量を誇るコーヒー大国となっています。しかし、およそ100年前の1908年、コーヒー栽培の大敵であるさび病が木々を襲い、壊滅的な被害を受けました。

現在インドネシアで栽培されているコーヒーのほとんどは、この時にさび病対策として植え付けをした病害に強い品種のロブスタ種。
さび病にも負けず、わずかながら生き残ったアラビカ種を、スマトラ島でマンデリン族が中心となって栽培したものが、今の「マンデリン」となりました。


生産国 : インドネシア
地 域 : トバ湖東南のリントンニフタおよびドロックサングール
生産者 : リントンニフタおよびドロックサングールの生産者
クロップ: 2018/2019
規 格 : スペシャルプレパレーション
欠点規格: 丁寧にハンドピックしているのでほぼ欠点なし
スクリーン:スクリーン 18up
木の品種: ジュンベル、アテン
その他 : 標高1,400 ~ 1,600 m
精製方法: スマトラ式 ウェットハル
開花時期: 2019年1月-3月
収穫時期: 2019年12月
船積時期: 2020年1月
保管方法: 定温倉庫
ロットナンバー: 015/1691/150

コロンビア ラ・プラデーラ農園 デカフェ - French Roast - (200g)

コロンビア ラ・プラデーラ農園 デカフェ - French Roast - (200g)

¥ 1,550

コロンビアから有機JAS、RA(レインフォレスト・アライアンス)認証のデカフェが登場。

カフェイン除去率は97.0%(残留率 3.0%)。

存在感のある苦みがありながらもややすっきりとした後味で、ホットコーヒーはもちろん、ミルクを入れても、アイスコーヒーやカフェ・ラテ(オレ)やエスプレッソ等のアレンジにも最適。

単一農園のデカフェは近年増えつつありますが、まだまだ味わいの特徴としては際立ったものはありません。これから生産者の方たちによる品種改良、栽培方法等の工夫が重ねられて、いつかスペシャルティの他の銘柄と同じくらいのレベルのものが出てくるのが楽しみなジャンルと言えます。

◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇

コロンビアの農園物のカフェインレス(デカフェ)です。しかもJASとRAの認証付きです。

糖度23%の完熟チェリーを使用しています。デカフェ処理はメキシコで行われ標高5,600m以上からくみ上げられた湧水を使用したウォーターメソッド(水抽出)です。


◆SPEC
生産国 : コロンビア
地 域 : サンタンデール県 アラトカ、シカモチャ渓谷の近く
生産者 : ラ・プラデーラ農園
クロップ: 2019
規 格 : エクセルソ EP
欠点規格: 300g中重度の欠点8点、軽度の欠点35点
スクリーン:スクリーン15アップ
木の品種: カツーラ、カスティージョ
標 高 : 1,700m~1,950m
平均気温: 14℃~20℃
その他 : 有機JAS認証 RA認証
精製方法: フルウォッシュド
デカフェ処理:ウォーターメソッド(水抽出)
開花時期: 2月~4月
収穫時期: 11月~1月
船積時期: 2020年3月メキシコ出港
保管方法: 定温倉庫
ロットナンバー: 3/265/00256

グァテマラ ラ・ベラ農園 ビジャサルチ種 ウォッシュド - Italian Roast - (200g)

グァテマラ ラ・ベラ農園 ビジャサルチ種 ウォッシュド - Italian Roast - (200g)

¥ 1,540

焦がしキャラメルのような香ばしさと、カカオ分の高いチョコレートのような濃厚な苦み。
アイスコーヒーを作っても、しっかりと存在感のある味わいが楽しめる。

◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇
農園名の由来は非常に美しい環境からスペイン語で「美しい」を意味する単語「Bella(ベラ)」と当時コロンビアで最高と言われた ラ・ベラ農園にあやかって名付けられた。

ラ・ベラ農園はグアテマラ主要産地からは若干外れているが非常に立派な農園である。
創業は1965年。現オーナーのテオドロ・インゲ ルハートのお 父さんが始めまた。

農園名の由来は非常に美しい環境からスペイン語で「美しい」を意味する単語「Bella(ベラ)」と、当時コロンビアで最高と言われた ラ・ベラ農園にあやかって名付けた。

以来、年間600袋という生産量で地道に頑張っている。
現オーナーのお父さんの名前はテオドロ、お父さんのお父さんの名前もテオドロ、自分の息子もテオドロ、その孫もテオドロ。親子5代に渡ってみんなテオドロ・インゲハートである。

生産国 : グァテマラ
地 域 : シエラデラスミナス地区 アカサグアストラン
生産者 : ラ・ベラ農園
農園主 : テオドロ・インゲルハート氏
クロップ: 2018/2019
規 格 : SHB、EP
欠点規格: 0-6/300g
スクリーン:スクリーン16アップ
木の品種: ビジャサルチ種
標 高 : 1,660m
その他 : 年間降雨量 2,500~3,000mm、100%日陰栽培
精製方法: ウォッシュド
開花時期: 2018年4月
収穫時期: 2019年1月-4月
船積時期: 2019年9月
保管方法: 定温倉庫
ロットナンバー: 11-988-65

華ブレンド - HANA BLEND - High Roast (200g)

華ブレンド - HANA BLEND - High Roast (200g)

¥ 1,300

香りの華やかさ、軽快な口当たりを表現しました。当店の定番ブレンドの中では一番軽やかなブレンドになっております。

すっと爽やかに喉を通り抜ける軽快な味わいをお楽しみください。


〇 ブレンド内容(生産国):ケニア、エチオピア

和みブレンド - NAGOMI BLEND - City Roast (200g)

和みブレンド - NAGOMI BLEND - City Roast (200g)

¥ 1,300

ほどよい苦みと優しい酸味の調和がとても心地の良いブレンド。

ナッツやリンゴのような優しくて甘い香りがほのかに感じられ、口当たりもまろやか、全体としてとても柔らかい丸みのある味わいとなっております。

バランスの良い味わいなので、プレゼント用や、どのコーヒーから飲んでみたらいいのか分からない、という方にもぜひお試し頂ければと思います。


〇 ブレンド内容(生産国):コスタリカ、エチオピア、ケニア

凛ブレンド - RIN BLEND - Fullcity Roast (200g)

凛ブレンド - RIN BLEND - Fullcity Roast (200g)

¥ 1,300

人気の定番ブレンド「凛ブレンド」。

ふくよかでほっこりとした優しい苦みがあり、冷めてから顔を出すほのかな酸味。様々なスイーツと合うような味わいに仕上げております。

朝一番の目覚めの一杯に、ご飯のあとのゆったりとした時間に、
コーヒータイムのスイーツと合わせて、、などなどあらゆる場面で
お楽しみ頂けるブレンドとなっております。

「苦いコーヒーは好きだけど、苦すぎるのもちょっと・・・」
という方にぜひおすすめしたいブレンドになっております。

〇ブレンド内容’(生産国):エチオピア、コスタリカ、ルワンダ、ケニア

深みブレンド - FUKAMI BLEND - French Roast (200g)

深みブレンド - FUKAMI BLEND - French Roast (200g)

¥ 1,300

「苦み」「コク」「甘み」をすべて兼ね備えたボリューム感のある定番ブレンド。

苦みも強すぎず、濃厚なコクもあり、後味に甘みを残します。
アイスコーヒーにしても力強い苦みがしっかりと出せるので、
ホットでもアイスでも両方楽しめるブレンドとなっております。

てらす珈琲の定番ブレンドとして永く愛されるブレンドになってほしいと思います。


〇ブレンド内容:タンザニア、グァテマラ、エチオピア

【送料無料・珈琲の定期便・400g ×3か月コース・豆のまま】シリーズ:「季節のブレンド」+おまかせ銘柄 ( 豆 200g × 2種類 )

【送料無料・珈琲の定期便・400g ×3か月コース・豆のまま】シリーズ:「季節のブレンド」+おまかせ銘柄 ( 豆 200g × 2種類 )

¥ 2,700

ご要望の多かったコーヒーの定期便が受付開始となりました。

ひと月ごとに、その時期の「季節のブレンド」と、その時期のおススメの銘柄(200g × 2種類 = 合計 400g)をお豆のまま包装し、定期的にお届けいたします。


・定期便でお送りする季節のブレンド(予定)

〇 1月 「ニューイヤーブレンド High Roast」・・・明るい新年をイメージした華やかな酸味を活かした味わい

〇 2月 「バレンタインブレンド Italian Roast」・・・バレンタインチョコレートに合うよう季節のブレンドの中でも一番こってりとした苦みとコク

〇 3月 「ホワイトデーブレンド City Roast」・・・バレンタインのお返しのクッキーに合うよう優しい味わいに

〇 4月 「桜ブレンド City Roast」・・・春の暖かさと桜の柔らかな印象をブレンドにした季節のブレンド一番人気

〇 5月 「初夏のブレンド High Roast」・・・初夏の萌芽のようなフレッシュ感を表現

〇 6月 「レイニーブレンド( 未定 )」・・・雨の日にしっとりと飲みたくなるような、まろやかな落ち着いた味わい

〇 7月 「サマーブレンド Midium Roast」・・・暑い夏でもスッキリとした酸味で爽快感のあるブレンド

〇 8月 「サマーブレンド French Roast」・・・チョコレートや熟したベリー系の風味でアイスコーヒーに適した深煎りのブレンド

〇 9月 「秋ブレンド French Roast」・・・ほっこりとした苦みとコクで、秋の味覚に合うブレンド

〇 10月「ハロウィンブレンド Fullcity Roast」・・・どこか掴みどころのない、エキゾチックで妖艶な雰囲気のブレンド

〇 11月「ロースターズブレンド (焙煎度はその年により変更)」・・・その時期の銘柄を使い、店主の一番おいしいと思えたブレンドをお送りいたします

〇 12月「クリスマスブレンド 『ソフト City Roast』 or 『ビター French Roast』」・・・ショートケーキやフレッシュフルーツのスイーツに合うよう、優しい口当たりのバランスの良いブレンド。又はチョコレートケーキやナッツ系のスイーツに合うよう、力強い苦みのブレンドのどちらかをお送りいたします


各月のご注文日から1か月ごとにネコポス便(封筒にてポストに投函されるサービス)でお届けいたします。
ご在宅のご必要がございませんので、お気軽にご利用頂けます。

【送料無料・珈琲の定期便・400g ×3か月コース・粉】シリーズ:「季節のブレンド」+おまかせ銘柄 ( 粉 200g × 2種類 )

【送料無料・珈琲の定期便・400g ×3か月コース・粉】シリーズ:「季節のブレンド」+おまかせ銘柄 ( 粉 200g × 2種類 )

¥ 2,700

ご要望の多かったコーヒーの定期便が受付開始となりました。

ひと月ごとに、その時期の「季節のブレンド」と、その時期のおススメの銘柄(200g × 2種類 = 合計 400g)を粉にして包装し、定期的にお届けいたします。


・定期便でお送りする季節のブレンド(予定)

〇 1月 「ニューイヤーブレンド High Roast」・・・明るい新年をイメージした華やかな酸味を活かした味わい

〇 2月 「バレンタインブレンド Italian Roast」・・・バレンタインチョコレートに合うよう季節のブレンドの中でも一番こってりとした苦みとコク

〇 3月 「ホワイトデーブレンド City Roast」・・・バレンタインのお返しのクッキーに合うよう優しい味わいに

〇 4月 「桜ブレンド City Roast」・・・春の暖かさと桜の柔らかな印象をブレンドにした季節のブレンド一番人気

〇 5月 「初夏のブレンド High Roast」・・・初夏の萌芽のようなフレッシュ感を表現

〇 6月 「レイニーブレンド( 未定 )」・・・雨の日にしっとりと飲みたくなるような、まろやかな落ち着いた味わい

〇 7月 「サマーブレンド Midium Roast」・・・暑い夏でもスッキリとした酸味で爽快感のあるブレンド

〇 8月 「サマーブレンド French Roast」・・・チョコレートや熟したベリー系の風味でアイスコーヒーに適した深煎りのブレンド

〇 9月 「秋ブレンド French Roast」・・・ほっこりとした苦みとコクで、秋の味覚に合うブレンド

〇 10月「ハロウィンブレンド Fullcity Roast」・・・どこか掴みどころのない、エキゾチックで妖艶な雰囲気のブレンド

〇 11月「ロースターズブレンド (焙煎度はその年により変更)」・・・その時期の銘柄を使い、店主の一番おいしいと思えたブレンドをお送りいたします

〇 12月「クリスマスブレンド 『ソフト City Roast』 or 『ビター French Roast』」・・・ショートケーキやフレッシュフルーツのスイーツに合うよう、優しい口当たりのバランスの良いブレンド。又はチョコレートケーキやナッツ系のスイーツに合うよう、力強い苦みのブレンドのどちらかをお送りいたします


各月のご注文日から1か月ごとにネコポス便(封筒にてポストに投函されるサービス)でお届けいたします。
ご在宅のご必要がございませんので、お気軽にご利用頂けます。

ハリオ V60 円錐型ペーパーフィルター02 W VCF-02-100W (1~4杯用)

ハリオ V60 円錐型ペーパーフィルター02 W VCF-02-100W (1~4杯用)

¥ 320

商品名 V60用ペーパーフィルター02W VCF-02-100W
型番 VCF02100W
メーカー ハリオ HARIO
商品コード 3369264
メーカー希望小売価格 オープン価格
メーカー発売日 2005年5月1日
スペック詳細
仕様 ■本体サイズ幅×高さ×奥行き(mm): 約125×125×40
■本体重量: 140g
■材質: バージンパルプ
■原産国: 日本
■1~4杯用(100枚入)