タンザニア ミヨンボ・ファクトリー AA Italian Roast (200g)【セール期間につき28日以降発送予定】

¥ 1,28050%OFF ¥ 640

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 700円
    • 東北

      • 青森県 500円
      • 岩手県 500円
      • 宮城県 500円
      • 秋田県 500円
      • 山形県 500円
      • 福島県 500円
    • 関東

      • 茨城県 350円
      • 栃木県 350円
      • 群馬県 350円
      • 埼玉県 350円
      • 千葉県 350円
      • 東京都 350円
      • 神奈川県 350円
      • 山梨県 350円
    • 信越

      • 新潟県 500円
      • 長野県 500円
    • 北陸

      • 富山県 500円
      • 石川県 500円
      • 福井県 500円
    • 東海

      • 岐阜県 500円
      • 静岡県 500円
      • 愛知県 500円
      • 三重県 500円
    • 近畿

      • 滋賀県 500円
      • 京都府 500円
      • 大阪府 500円
      • 兵庫県 500円
      • 奈良県 500円
      • 和歌山県 500円
    • 中国

      • 鳥取県 500円
      • 島根県 500円
      • 岡山県 500円
      • 広島県 500円
      • 山口県 500円
    • 四国

      • 徳島県 600円
      • 香川県 600円
      • 愛媛県 600円
      • 高知県 600円
    • 九州

      • 福岡県 700円
      • 佐賀県 700円
      • 長崎県 700円
      • 熊本県 700円
      • 大分県 700円
      • 宮崎県 700円
      • 鹿児島県 700円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,000円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

◇◇◇ セール期間につき28日からの発送予定となります ◇◇◇
(もしお早めのお届けがご希望であればお日にち等ご指定下さい。)

てらす珈琲のストレート豆では一番の深煎りに仕上がっています。

グラッシー(草のよう)なすっとした香り。ダークチョコレートのような苦みがあり、綺麗に消えていく後味が余韻を優しく感じさせる。苦いながらもこってりしすぎていない飲みやすさがあります。

カフェオレやエスプレッソ、アイスコーヒーを作るのにも相性のいい銘柄です。
チョコレートやココアを多く使ったケーキ(ガトーショコラ、フォンダンショコラなど)との相性は抜群です。


◇◇◇◇◇◇◇ 産地情報 ◇◇◇◇◇◇◇

2017年に43名で結成されたミヨンボ・ファーマーグループ。

ミヨンボファーマーグループは、地元の起業家であり、コーヒー農家でもあるロッキー・ムサワンパシを中心に結成。2017年、ロッキー自身が近隣の生産者を一軒一軒回り、付加価値のあるフルウォッシュドコーヒーの生産をするべく、皆を説得したのである。

パルピングからファーメンテーションまでのプロセシングに使用する水源は近くにあるソンゲ川を利用。このグループが栽培している品種はブルボン系のN39とケント系のKP423である。

タンザニア本土にコーヒーが伝わったのは1863年。レユニオン島に進出していたフランス・カトリック聖霊会派の神父らによってブルボン種が持ち込まれた。日本でモカやブルーマウンテンとならぶ人気銘柄のひとつとなっているキリマンジャロに伝わったのは1898年。1920年代にはケント種が伝えられた。タンザニア経済は農業に立脚しており、労働人口の約70%が農業に従事している。コーヒー生産農家45万世帯あり、生産量全体の90%を占めるほど、小規模農家が多い。また何らかの形でコーヒー産業に関わっている人たちが約240万人おり、全人口の6%である。キリマンジャロコーヒーは上質のコーヒーとして世界中で愛好される主要輸出品であり、貴重な外貨獲得源となっている。

[地勢・気候]

日本の約2.5倍の国土を持つタンザニア。北東部にアフリカ最高峰のキリマンジャロ山(標高5,895メートル)、北部にアフリカ最大のビクトリア湖、西部にアフリカ最深のタンガニーカ湖(水深1,471メートル)がある。いずれもグレートリフトバレーによって形成されたものである。国土の大半がサバナ気候に属し、中央部がステップ気候、南部と北部の高地山岳部が温暖気候である。降水量は海岸部やビクトリア湖岸、キリマンジャロ周辺では1000mmを超えるが、内陸部では500mm程度のところが多い。

[生産状況]

タンザニアのコーヒー生産量は年間3~4万トン。70%がアラビカ種、30%がロブスタ種である。
90%は平均5ヘクタールの小規模農家で、10%が30-150ヘクタールの大規模農園で生産されている。アラビカ種の小規模農家は居住地域の協同組合の加入しており、組合が生産者に代わって販売を行ってきた。1994年コーヒー豆流通の自由化により、民間業者が直接生産者から買えるようになった。特に数量の限られたスペシャルティーコーヒーは直接取引される場合が多い。

[主要生産地]

主要産地はモシ、アルーシャ、ムベヤ、マテンゴ、ムビンガ、ルブーマ、ウサンバラ、イリンガ、モロンゴ、キゴマ、ンゴラ、キリマンジャロ。アラビカ種は、キリマンジャロ北部、アルーシャ。ムベヤ南部、ムビンガ、キゴマ西部。タリメ、ビクトリア湖地区、タンガ地区。ロブスタ種は、カゲラ地区からビクトリア湖西部にかかる地域。

[品質・格付]

グレードは10段階。AA,A,B,C,PB,ELEPHANT,AF,TT,T,F

[流通]

タンザニアコーヒーボード(TCB)が品質、価格調整、輸出を全面的に統括している。

1950年代に小規模農家からコーヒーチェリーを集荷する目的で単位協同組合が組織され、各コーヒー産地に設置された。2001年に、小規模農家への技術及びマーケティング支援の目的でキリカフェが誕生した。最近のトレンドは、協同組合が農業法人に組織変更し、組合を通さずに二次加工を行い、直接生豆を販売するように変化してきている。

地域  :ムベヤ州 ムベヤルーラル
生産者 :ミヨンボ・ファーマーグループ
精製工場:ミヨンボ・ファクトリー
品種  :ブルボン(N39) 90%、ケント(KP423) 10%
規格  :スクリーン18(90%)、スクリーン17(8~10%)
精製  :フルウォッシュド
標高  :1,650 ~ 1,750m
収穫時期:6~8月

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価